hair & make up

最新のスタイル情報やキャンペーンの案内など、
日々更新しています

アンチエイジングに力を入れている美容室モティッシュのブログです。お得なキャンペーンやイベントなどのご案内のほか、ご自宅でできる髪のお手入れやセットのコツ、最近のトレンド情報なども記していきます。ぜひご参考にしてください。

Blog

2019.03.31 

Blog

1960年 六本木 「キャンティ」

1920年代のパリのモンマルトルの「カフェ キャバレーボルテール」のように、芸術家や文化人が集まったように、

1960年代の東京 六本木で、「キャンティ」で、ポップカルチャーが生まれ、そして育った。
そこには、錚錚たる登場人物が並ぶ。

今井俊満 石岡瑛子 加藤和彦 石津謙介 伊丹十三 大原麗子 ロバート・キャパ 安藤忠雄 ヘレン・ヒギンズ 大江健三郎
倉橋由美子 メルロー=ポンティ 長澤節 田中一光 三宅一生 かまやつひろし 村井邦彦 田辺昭知 安井かずみ 三島由紀夫
安部公房 沢田研二 萩原健一 柴田良三 村井邦彦 加橋かつみ 加賀まりこ 勅使河原宏、岸田今日子........そして、川添浩史 川添梶子
(敬称略)

その中心にいたタンタンこと川添梶子さんは、優れた芸術家だった。
付き合う人を選ぶ基準は「美しいか?美しくないか?」
食べ物を選ぶ基準は「おいしいか?おいしくないか?」

そのお弟子さんが、加藤和彦さんの奥様で、作詞家の安井かずみさん

今の日本人は、こうはいかないんだろう。

これは、重要な日本史だと思う。

今の日本は、東京オリンピックと大阪万博を目前としている状況は、1960年代にそっくりだ。と言われている。
僕もまったく同感である。もっと、「景色のきれいな国」であって欲しい。

ちなみに、キャンティの「バジリコスパゲッティ」は、60年代はバジルやオリーブオイルはてにはいりにくいので、大葉とパセリにサラダ油で作っていた(これは今も同じ)
それなのに、本場のバジリコパスタより、おいしい。

Blog | News

モティッシュ

Book Now.

ご予約はこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。