hair & make up

最新のスタイル情報やキャンペーンの案内など、
日々更新しています

アンチエイジングに力を入れている美容室モティッシュのブログです。お得なキャンペーンやイベントなどのご案内のほか、ご自宅でできる髪のお手入れやセットのコツ、最近のトレンド情報なども記していきます。ぜひご参考にしてください。

Blog

2018.10.19 

おすすめの映画

ブーベの恋人



1963年のフランス、イタリアの合作映画、クラウディア、カルディナーレとウエストサイドストーリーのジョージ、チャキリス、主演。
1944年のイタリアが舞台で、「ファシスト」「パルチザン」等のイデオロギーが主体だった時代背景の中での純愛物語。60~70年代に、アメリカのMM、マリリン、モンロー、フランスの、BB.ブリジット、バルドー、と並んで、イタリアのセックスシンボルと言われる、CCこと、クラウディア、カルディナーレが清楚で、可憐に演じています。
主題歌も有名ですし、音楽がいい!

劇中に、1940年公開のハリウッド映画「哀愁」のストーリーが語られたり、当時の若い男女の恋愛観が、伝わってきます。
モノクロ映画ですが、レンブラントライトが多用されていて、
ライティングが素晴らしい。

ストーリーは、CC演じるマーラが、チャキリスの演じるブーベの恋人なんですが、最初に兄の友人であるブーベと知り合い、婚約する。ところが、ブーベが「パルチザン」であることが理由で、殺人をおかしてしまい、逃亡犯となってしまう。ブーベを離れている時に、マーラの前に、別の男性が現れ、マーラの心もゆらいでしまう。裁判になり、ブーベは14年の刑となるが、マーラは、気持ちは揺れながらも、ブーベの恋人を貫く。
ほとんど、遠距離恋愛なのだが、携帯も、電話すらない時代。
手紙も、2か月に1度。
出会って、間もないころ、
ブーベ「一緒に行こう!」と言って、
マーラ「いやよ!」と答える。
ブーべ「金はあるから、何でも買ってやる。」と言うと。
マーラ「靴が欲しいの、ハイヒール、買ってくれる?」と。
ブーベ「買ってやるとも。」
マーラ「それなら行くわ。」
この感じは、いつの時代のもいっしょだと思った。

とにかく、クラウディアが美しい。

Blog | News

モティッシュ

Book Now.

ご予約はこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。