hair & make up

最新のスタイル情報やキャンペーンの案内など、
日々更新しています

アンチエイジングに力を入れている美容室モティッシュのブログです。お得なキャンペーンやイベントなどのご案内のほか、ご自宅でできる髪のお手入れやセットのコツ、最近のトレンド情報なども記していきます。ぜひご参考にしてください。

Blog

2017.12.28 

Blog

究極の無添加化粧水エレクトロンのご紹介です!

本当の無添加化粧水とは、どんな成分でできているのでしょうか?

化粧品を販売する上で、
「未開封で3年間の保存が可能である」
という条件をクリアしなければならないというルールがあります。
ですから、どんな化粧品メーカーも、防腐剤を入れざるを得ないのです。

防腐剤無添加を選ぶとして、チェックする代表的な成分は......

安息香酸
サルチル酸
トリクロサン
パラベン類
フェノキシエタノール
イソプロピルエタノール
塩化ベンザルコニウム
トリクロロカルバニド
ヒノキチオール
ジンクピリチオン
ピロクトンオラミン
ブチルカルバビン酸ヨウソ化プロビニル
メチルイソチアゾリノン
などがあげられます。

もし、防腐剤を使わずに、樹木や草木から作られる「精油」で代用するケースもあります。
・ティーツリー油
・ハッカ油
・ユーカリ油
・シラカバ樹皮油
・ヒノキ油(ヒノキチオール)
・グレープフルーツ果皮油
・ダマスクバラ花油
・・・などは、精油を防腐剤として使用しているケースです。

よくあるケースで、ヒノキチオールという成分がありますが、
これはヒノキ油の主成分です。
配合上限も0.1%でも、パラベンやフェノキシエタノールの10倍の抗菌力がある(もしくはリスクが大きいと判断されている)成分ですから、それなりに強力な防腐剤と言えます。
つまり、
植物由来の防腐剤である精油でも、「かぶれ」をおこすことがあります。
「うるし」でもかぶれるのですから「植物由来だから安心。」ということはないのです。

とりあえず安心、といわれている防腐剤が、フェノキシエタノールです。
が、「アルコールアレルギー」の方にはアウトです。

これらをすべて理解した上で、安全な化粧水を探す。とすると、
「パラベンフリー、フェノキシエタノールフリー」というキーワードになります。

エレクトロンのスキンローションの全成分を検証してみます。

水   通常は精製水ですが、エレクトロンには、3年間腐らない電子水が使われています。

グリセリン  保湿剤です。

アスコルビルリン酸Na ビタミンCの元となるアスコルビン酸にリン酸Naを加えて、分子量を小さくして、より肌への吸収を高めています。美白効果

ヒアルロン酸 説明もいらないくらいポピュラーな保湿剤です。
これで全成分なのですから、驚きの安全性だと思います。

Blog | News

モティッシュ

Book Now.

ご予約はこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。