hair & make up

最新のスタイル情報やキャンペーンの案内など、
日々更新しています

アンチエイジングに力を入れている美容室モティッシュのブログです。お得なキャンペーンやイベントなどのご案内のほか、ご自宅でできる髪のお手入れやセットのコツ、最近のトレンド情報なども記していきます。ぜひご参考にしてください。

Blog

2017.11.30 

ビューティー

髪の毛を濡らしてカット? ドライでカット? どっちがいいの?

おそらく、全体の7割の美容室では、最初に髪の毛を濡らして、ウェット状態で、
カットするヴィダルサッスーン流のブラントカットを行っています。

手順はこうです。

1)まず、髪の毛を濡らしします。
2)ブロッキンクをします。
3)コームでとかし、髪の毛をブラントカット(直線に切ること)します。
4)カット終了したら、ブラシをしようして、ブロードライします。

しかし、この「サッスーンメソッド」には、大きな落とし穴があります。
「髪の毛のくせ」を無視しているのです。

1960年代~1980年代までは、毎日シャンプーをする習慣がありませんでした。
洗髪は、せいぜい週2~3回。
ですから、裕福な女性は、”家で髪の毛を洗う習慣がなかった。”
美容室に”シャンプー&ブロー”に通っていました。
ところが、1980年代の後半くらいから、”朝シャン”と称して、毎日髪の毛を洗う習慣になりました。

当時のヘアカットは、サッスーン一色でしたので、人々は、髪の毛を洗う度に、
ブラシを使った”ブロードライ”をしなければ、ヘアスタイルが決まらなかった。
その結果、ドライヤー+ブラシの ”くるくるドライヤー” が流行しました。

その後、1996年頃、アムロレイヤー(シャギー)の流行により、今まで、”まっすぐにそろえる”ことが正解だったヘアカットが、「毛先をそろえない」スタイルに移行していった。

その流れで、髪の毛を乾いたままカットする「ドライカット」が登場する。
ドライカットは、最初に”髪の毛のくせ”を見て、彫刻のようにカットするので、ナチュラルドライ(ブローをしない)でも、スタイルが決まる。
ただし、サッスーンメソッドが、 ”髪の毛をそろえる” のに対して、
目的が真逆のドライカットは、 ”髪の毛をそろえない” ので、切る美容師のセンスが問われることになります。

ドライカットの手順

1)乾いた髪の毛の”生え方” ”くせ” をチェックします。

2)サッスーンが 髪の毛に対して垂直(横)にハサミを入れる(線でカット)するのに対して、ドライカットは、斜めもしくはタテにハサミを入れます(点でカット)。
くせ毛は、そのままを生かして、彫刻や盆栽を行うように、髪の毛の「なじみ方」を見てカットしていきます。カットの9割は、この時点で完成です。

3)一度、シャンプーして、ブラシを使わずに、ナチュラルドライします。

こうすることで髪の毛同士がなじみやすくなり、乾かしただけで、まとまるスタイルに。
結果的に、お客様は、サロンでの仕上がりと、ご自身でドライした際の仕上がりの
がギャップ(差)がなくなります。
再現性が高いヘアスタイルを提供(お持ち帰り)出来るのです。

サッスーンは、
「髪の毛が、伸びて、そろっていなかったので、そろえておきました。」
に対して、
ドライカットは、
「髪の毛が、伸びて、重くなったので、バランス良く、軽く見えるように散らしておきました。」

となり、
サッスーン方式でヘアカットする=ブロードライが必要
ドライカットでヘアカットする=手ぐしorナチュラルドライでOK

日本人の約8割は、少なからず、”くせ毛”です。
クセ毛を生かしたいならば、、決して ”濡らしてカット” するべきではないのです。

Blog | News

モティッシュ

Book Now.

ご予約はこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。