hair & make up

最新のスタイル情報やキャンペーンの案内など、
日々更新しています

アンチエイジングに力を入れている美容室モティッシュのブログです。お得なキャンペーンやイベントなどのご案内のほか、ご自宅でできる髪のお手入れやセットのコツ、最近のトレンド情報なども記していきます。ぜひご参考にしてください。

Blog

2017.11.17 

ビューティー

リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

元々、汚れは、”水で落ちる汚れ”と”油で落ちる汚れ”に分類されます。
それらを1度で落とすために”界面面活性剤”を含んだ”シャンプー”が必要になります。

ほとんどのシャンプーは、”アニオン(陰イオン)界面活性剤” といって、マイナスイオンを持っています。それによって、頭皮や髪の毛の汚れを落とす訳です。
つまり、シャンプーのみですと、イオン結合が”マイナス”のままなので”カチオン(陽イオン)界面活性剤”であるプラスイオンが補給されない。リンスをしないでいると、”ギシギシ”と手触りが悪くなる上に、髪の毛が”静電気”を発生してホコリ等がつきやすくなるのです。

リンスの紀元は.......
昭和40年位に”エメロン”(50代以上の方のみしかわからないでしょうが....)でキャップに1杯(今の柔軟剤のような使い方)をお湯を浸した洗面器に入れて、そこに髪の毛を入れてもみこむ。たぶん、これが最初だと思います。

コンディショナーですが.......
元々は昔「ナイター」が今「ナイトゲーム」と呼んでいるように、英語で「リンス」とは「水で洗い流す」の意味で、和製英語として「リンス」というものがあるだけだったのです。
ですから正しく英語をにするなら「リンス」=「コンディショナー」が本当なのです。

そして、トリートメント、英語で「トリートメント」って「治療」って意味なので

少しオーバーな言い方ですよね?

正確に言えば、「ヘアートリートメント」

トリートメントには2種類に分類すべきではないかと思います。

1)市販のトリートメント
リンス、コンディショナーには、いわゆる髪の毛の”静電気防止効果”と”柔軟剤効果”
を得られますが.......それに、保湿成分を加えたものが市販のトリートメントです。ただし、分子量1万以上と大きいので、実際にダメージした髪の毛の修復は難しいと思います。事実、1浴式なので、リンス、コンディショナー、トリートメント、正直、どれも大差はない。と言ってもよいと思います。ですから、「トリートメントはウチでするから大丈夫!」っていうのは、大きな勘違いなのです。

2)サロントリートメント
美容室でやってもらうトリートメント、
傷んだ髪の毛を”修復する”ことはこの「サロントリートメント」しか出来ません。なぜなら、成分の分子量が違うからです。3浴式以上のものだと、低分子→中分子→高分子の順に塗布することで、内部から外部まで修復出来るのです。得にカラー、パーマ、縮毛矯正の直後は、トリートメントをしないと、残留アルカリが、髪の毛の内部からダメージを進行させます。
ですから、本当の意味でのトリートメントは、サロントリートメントなのです。

Blog | News

モティッシュ

Book Now.

ご予約はこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。