hair & make up

最新のスタイル情報やキャンペーンの案内など、
日々更新しています

アンチエイジングに力を入れている美容室モティッシュのブログです。お得なキャンペーンやイベントなどのご案内のほか、ご自宅でできる髪のお手入れやセットのコツ、最近のトレンド情報なども記していきます。ぜひご参考にしてください。

Blog

2017.11.11 

ビューティー

クセ毛をいかすならドライカット!

モティッシュでは、髪の毛を濡らさずにカットする、ドライカットを基本にさせていただいております。
生かせるくせ毛の方は、カットで対応出来る場合はございます。

ただし、くせ毛には、
1)カットで生かせるくせ毛
2)生かせないくせ毛

2種類があります。
くせ毛は円形ではなく、楕円形なので、表面が凸凹しています。
そのため、

1)うねる (波状毛)2)ちじれる (捻転毛)
3)ひろがる (縮毛)

の3種類に分類されます。

*カットで生かせるくせ毛は、1の波状毛のゆるいパーマのようなくせの場合に限られます。
残念ながら、2、3の場合は、縮毛矯正が必要。
と考えて頂きたいです。

1の波状毛の場合、
トリートメントをおすすめしております。

最近、言われ始めた ”エイジング毛” という現象があります。
くせ毛とは、違い、加齢により、タンパク質が、失われた髪の毛が、くせ毛のように、
細かく” ちりちり”する毛がその ”エイジング毛”のあたります。

多少のくせと”エイジング毛”は、モティッシュのオッジオット20ステップトリートメントで、
20種類以上の失われたタンパク質を補給し、コーティングすることで、
中には、くせ毛がほぼ、まっすくになった方もいらっしゃいます。
オッジオットのシャンプー使用で、2ヶ月の持続している実績があります。

過去に縮毛矯正をされて、”まっすぐ”になりすぎてトラウマになっているお客様も数多くいらっしゃいます。

1)まず、トリートメントで、くせ毛を弱くして、カットで、くせを生かせるかどうかを試みる。

2)トリートメントの効果があまりよくないようなら、決してまっすぐになりすぎない縮毛矯正で、部分的なアプローチを試みる。

3)全体にくせが強すぎる場合、全体の縮毛矯正をおすすめ。
初めてご来店されて、
「”くせ毛”を生かしたカットをして欲しい。」
というご注文は、数多くございます。

ただし、
カラーをされていたり、コンディションが悪かったり、
過去の縮毛矯正が残っていた場合、
カットの技術のみで、”くせ”を攻略することは、正直、難しいことが多いのも事実です。
ですから、せめて、「くせ毛を生かしたい!」と思われるお客様は、
カット&トリートメントがおすすめです。

Blog | News

モティッシュ

Book Now.

ご予約はこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。